デルタエコノミー体験談 デルタエコノミークラスレポート

デルタコンフォートプラス体験談 デルタコンフォートプラスレポート

デルタファーストクラスレポート


デルタでグアムに行ってきたデルタでグアムに行ってきた

デルタでラスベガスに行ってきたデルタでラスベガスに行ってきた

デルタでロサンゼルスに行ってきたデルタでロサンゼルスに行ってきた

デルタのリチウム電池バッテリーの持ち込み制限

モバイルバッテリー等は持ち込み制限がある

基本的にスーツケースなどで預け入れてしまう荷物の中にはリチウムイオンバッテリーは入れられないと思ったほうがいいですね。
リチウム電池は発火の恐れがあるため世界の航空会社で共通の決まりを作ったため、貨物室には入れられないように決まっています。発火しても貨物室で消化活動が困難だからです。

入っていた場合はスーツケースをあけて捨てられてしまうこともあるので注意してください。

機内持ち込みできるリチウム電池

携帯のモバイルバッテリーやデジカメ、ビデオカメラなどの予備バッテリーなどをたくさん持ち込む人もいると思います。私も毎回デジカメのバッテリーは予備2個を持ち込んでいます。

デルタ航空では1名につき2個までリチウム電池バッテリーを持ち込むことができます。本体にはいつているものはカウントされません。

しかし実際には厳密に数えていないはず

一応ひとり2個までの予備バッテリー持ち込みOKということですが、私はGoProやその予備バッテリー5個、ジンバルというGoProを設置する器具の予備バッテリー1個も追加で持って行きましたが問題ありませんでした。その後、ドローンやカメラを追加で持っていくため、バッテリーは異様なまでに多くなりましたが、アメリカもイギリスもオーストラリアもシンガポールもまったく問題ありませんでした。

結局個人使用の範囲内なら大丈夫なのかもしれません。ただしスーツケースに入れるのは絶対にダメです。高確率で破棄される可能性があります。

もし何か言われたら、同行者に渡して一人あたりのリチウム電池の個数を分散させましょう。


紹介による入会マイル18,000マイルゲットできます!
34,000ボーナスマイルに期間限定アップ中!

入会特典
ゴールドメダリオンの特典
ラウンジレポート
デルタ航空利用ガイド
機内食レポート
デルタマイルの豆知識
デルタマイルクレジットカード比較
ユナイテッドANAステータスマッチとSFC