デルタエコノミー体験談 デルタエコノミークラスレポート

デルタコンフォートプラス体験談 デルタコンフォートプラスレポート

デルタファーストクラスレポート


デルタでグアムに行ってきたデルタでグアムに行ってきた

デルタでラスベガスに行ってきたデルタでラスベガスに行ってきた

デルタでロサンゼルスに行ってきたデルタでロサンゼルスに行ってきた

デルタ航空の機内手荷物は2個無料で持ち込める

機内持ち込みの手荷物は2つ

デルタ航空の手荷物
デルタ航空に限らず、ほとんどの航空会社では手荷物は2個まで持ち込むことが出来ます。
持ち込める手荷物というのは、バッグと身の回りのものの2個となります。しかしこのふたつの概要がよくわかっていない方が多く、どこまでのサイズや重量が持ち込めるのかが不透明なのが実情です。

実際にデルタ機内に持ち込むことが多いものを解説していきます。

小さいスーツケースとバッグが持ち込める

デルタ航空の手荷物
大型のスーツケースは無理ですが、機内の頭上にしまえるサイズであればスーツケースが持ち込めます。スーツケースの中身は機内持ち込みが出来る内容のものだけです。このスーツケースのサイズには上限がありますので、それは下で詳しく説明します。

さらに身の回りのものとしてバッグがひとつ。こちらも頭上や前方の座席の下に収まらないサイズは持ち込めません。要は頭上に収納ができる範囲内であり、常識の範囲内の手荷物が2つ持ち込めるということです。この『身の回りのもの』という概念が確立されていないのが難しいところです。小さいスーツケース2つも持ち込めるのか、というとその場合は恐らく注意されるでしょう。

あくまで、身の回りの品を携帯する程度のバッグのサイズと捉えておくのが無難です。

韓国やグアムなどで荷物が少ない旅行の場合は小さいスーツケースを機内持ち込みにしてしまって、着陸後すぐに空港を出る方も多いですよね。

機内持ち込みの手荷物にはサイズ制限がある

航空会社によって機内に持ち込める荷物のサイズが微妙に異なります。ほぼ同じですが、ちょっと大きいなと思われるとチェックイン時にサイズを測ってOKかNGか出されます。ギリギリサイズの場合はチェックインカウンター近くに設置された枠に収まっているかどうかをチェックされますので予め規定のサイズを確認しておきましょう。

市販のスーツケースであればこのサイズ内に収まるように作られているので心配ありません。また空港チェックインカウンターでサイズを測られることもまずないでしょう。

機内持ち込みの手荷物重量制限

基本的にデルタ航空では手荷物の重量制限はありません。サイズさえ守っていれば重くても大丈夫です。そもそも規定のサイズ内に収まれば最大重量はたかが知れているのであまり神経質にならなくてOKです。

しかしシンガポール、韓国、中国などの国では上限が7kg、10kgなど設定されているため注意してください。まずはどこに行くときも7kg程度を目安にしておいたほうが無難です。

ライター・液体の機内持ち込み

うっかりライターを持ってきてしまった、と思っても大丈夫。基本的に手荷物で持ち込めます。

しかし液体の持ち込みは規制があるのでやめておいたほうが無難です。ジッパー付きのビニール袋に入る範囲内で持ち込めることになっていて、規定のサイズがあるので事前に確認しましょう。
飲み物などは没収されるため予めスーツケースに入れるか、捨てておきましょう。


紹介による入会マイル18,000マイルゲットできます!
34,000ボーナスマイルに期間限定アップ中!

入会特典
ゴールドメダリオンの特典
ラウンジレポート
デルタ航空利用ガイド
機内食レポート
デルタマイルの豆知識
デルタマイルクレジットカード比較
ユナイテッドANAステータスマッチとSFC