デルタエコノミー体験談 デルタエコノミークラスレポート

デルタコンフォートプラス体験談 デルタコンフォートプラスレポート

デルタファーストクラスレポート


デルタでグアムに行ってきたデルタでグアムに行ってきた

デルタでラスベガスに行ってきたデルタでラスベガスに行ってきた

デルタでロサンゼルスに行ってきたデルタでロサンゼルスに行ってきた

2017年秋プレミアム・エコノミークラス、デルタ・プレミアム新設

2017年後半、一部の超距離路線でコンフォートエコノミーよりもさらにゆったり座れる『デルタプレミアム』を新設することがわかりました。

ANAなどにもあるプレミアムエコノミークラスとして扱われるようです。


イメージ写真で見ると、コンフォートエコノミーとはまったく違うことがわかります。一昔前のビジネスクラス並みに広くゆったりとくつろげるのがわかります。

最近のビジネスクラスと違うところはフルフラットではないことや扉がないこと、隣席に干渉されずに通路に出れないことなどですが、そんなのはなくてもこれだけ窮屈でなければ十分利用価値はあると思います。

今まであったコンフォートエコノミーはエコノミークラスの座席をそのまま利用し、足元だけが広いという微妙な感じでした。ANAなどのプレミアムエコノミーはシートもすべてがエコノミークラスと違うので利用価値は高く、そこにデルタが追いついた感じです。


このようにリクライニング角度も大きく、フットレストもついています。ちょっと座席のデザインが昔過ぎて残念ですが、10時間前後座り続けることを考えると余裕があって良いのではと思います。

シートピッチは最大38インチ(約96.5cm)、シート幅は最大19インチ(約48.3cm)となっていて、ANAのプレミアムエコノミーとほぼ同じサイズになっています。

また、機内食はエコノミークラスとは違うようで、ウェルカムドリンクはもちろんのこと、食事はデルタ航空用に特別にデザインされたアレッシィの食器を使った季節ごとに変わる機内食が提供されます。これはANAのプレエコよりも豪華ですね。

さらには優先チェックイン、優先セキュリティチェック(空港による)、優先搭乗、預け入れ手荷物の優先取り扱いのサービスが受けられます。ゴールドメダリオンとほぼ変わらないサービスが提供されるため価格はそれなりになりそうですね。

デルタプレミアムは日本路線にも導入されるエアバスA350型機に設置されます。

2018年にはボーイングB777型機にも導入し、既存の「デルタ・コンフォートプラス」と入れ替える予定です。となると、ゴールドメダリオン会員は3日前からデルタプレミアムの無料予約が可能になる可能性もゼロではなさそうです。ANAのように当日空いていたら、という改悪になってしまうと残念ですがサービスがコンフォートエコノミーとはまったく違うため、改悪の可能性も低くはないと言えるでしょう。


紹介による入会マイル18,000マイルゲットできます!
34,000ボーナスマイルに期間限定アップ中!

入会特典
ゴールドメダリオンの特典
ラウンジレポート
デルタ航空利用ガイド
機内食レポート
デルタマイルの豆知識
デルタマイルクレジットカード比較
ユナイテッドANAステータスマッチとSFC