デルタエコノミー体験談 デルタエコノミークラスレポート

デルタコンフォートプラス体験談 デルタコンフォートプラスレポート

デルタファーストクラスレポート


デルタでグアムに行ってきたデルタでグアムに行ってきた

デルタでラスベガスに行ってきたデルタでラスベガスに行ってきた

デルタでロサンゼルスに行ってきたデルタでロサンゼルスに行ってきた

カード特典:デルタアメックスゴールドの海外旅行保険保険は最高1億円補償

海外旅行なら最大1億円の補償がつく

私の場合はアメックスプラチナからある意味グレードダウンしたデルタアメックスゴールドカード。年会費も1/6になり、海外旅行保険の補償金額等は下がってしまったのかと思ったら実はそんなことはなく、普通に海外旅行費用をデルタアメックスゴールドで決済していればアメックスプラチナ並みに良い補償内容であることがわかりました。

それも傷害死亡・後遺障害保険金の場合は1億円です。

デルタアメックスゴールドで旅行費用を支払った場合

基本的にカード会員が受けられる旅行中の補償です。

■国内旅行の場合
傷害死亡・後遺障害保険金・・・最高 5,000 万円

■海外旅行の場合
傷害死亡・後遺障害保険金・・・最高 1 億円
傷害治療費用保険金・・・最高 300 万円
疾病治療費用保険金・・・最高 300 万円
賠償責任保険金・・・最高 4,000 万円

アメプラと一緒というわけではないですが、十分な補償が受けられることがわかります。
できればこれらのお世話にはなりたくないですけどね。

私は基本的にマイルを貯めるために旅行費用をカード決済する人がほぼ100%に近いと思うのでこれらの補償金額が蹴られると考えて良いと思います。ちなみに旅行費用にデルタスカイマイルゴールドカードを使わなかった場合は補償金額とサービスが受けられるかどうかが変わります。

デルタアメックスゴールドで旅行費用を支払わない場合

■国内旅行の場合
傷害死亡・後遺障害保険金・・・なし

■海外旅行の場合
傷害死亡・後遺障害保険金・・・最高 5,000 万円
傷害治療費用保険金・・・最高 200 万円
疾病治療費用保険金・・・最高 200 万円
賠償責任保険金・・・最高 4,000 万円

国内の場合は無しとなるんですね。基本的にデルタアメックスゴールドで旅行費用を決済するはずなのでこちらは考えなくて良いかもしれません。

デルタアメックスゴールドの家族も補償が受けられる

これがアメックスの良い所です。カード会員だけでなく、生計を共にする家族も補償金額は落ちますが保障対象になります。また、家族カードを持っている人も補償対象になります。詳しい金額は一覧にして下に掲載しておくので見てみてください。

ちなみにこの家族という定義が、アメリカのアメックスではかなり広範囲に解釈できるのですが日本ではわかりやすく配偶者と子供、そして健康保険が同じものを使っている場合、要は扶養家族などになっているものを言います。両親が退職していて健康保険を息子であるカード会員本人の扶養に入っている場合などが含まれます。

デルタアメックスで旅行費用を支払った場合の補償金額一覧

国内旅行
  会員本人 家族 家族カード
傷害死亡・後遺障害保険金 最高 5,000 万円 最高 1,000 万円 最高 5,000 万円
海外旅行
  会員本人 家族 家族カード
傷害死亡・後遺障害保険金 最高 1 億円 最高 1,000 万円 最高 5,000 万円
傷害治療費用保険金 最高 300 万円 最高 200 万円 最高 300 万円
疾病治療費用保険金 最高 300 万円 最高 200 万円 最高 300 万円
賠償責任保険金 最高 4,000 万円
携行品損害保険金 1旅行中最高 50万円
救援者費用保険金 保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
保険期間中
最高400万円

デルタアメックスで旅行費用を支払わなかった場合の補償金額一覧

国内旅行
  会員本人 家族 家族カード
傷害死亡・後遺障害保険金 補償なし
海外旅行
  会員本人 家族 家族カード
傷害死亡・後遺障害保険金 最高 5,000 万円 最高 1,000 万円 補償なし
傷害治療費用保険金 最高 200 万円
疾病治療費用保険金 最高 200 万円
賠償責任保険金 最高 4,000 万円
携行品損害保険金 1旅行中最高 50万円
救援者費用保険金 保険期間中 最高300万円


紹介による入会マイル18,000マイルゲットできます!
34,000ボーナスマイルに期間限定アップ中!

入会特典
ゴールドメダリオンの特典
ラウンジレポート
デルタ航空利用ガイド
機内食レポート
デルタマイルの豆知識
デルタマイルクレジットカード比較
ユナイテッドANAステータスマッチとSFC